汜水関の戦い

年代:191年(初平二年)

対戦情報:反董卓連合軍 対 董卓軍

代表武将:孫堅、袁紹、袁術、孔融、馬騰、陶謙、劉備、祖茂、華雄

結果:孫堅軍が壊滅状態に追い込まれる。

董卓の暴政

少帝(しょうてい)を救った形になった董卓(とうたく)は、この機に乗じて洛陽(らくよう)に入り、少帝を廃して献帝を擁立し、実権を握ることになった。

そして董卓の暴政が始まったのです。

董卓の暴政ぶりに曹操(そうそう)が立ち上がります。

曹操は各地の諸侯に董卓を討とうと檄文を送り、袁紹(えんしょう)、袁術(えんじゅつ)、孫堅(そんけん)、公孫瓚(こうそんさん)などが賛同した。

その時、公孫瓚のもとにいる劉備(りゅうび)たちもいました。

反董卓連合軍の結成

曹操に賛同した諸侯は反董卓連合軍を結成し、大将を袁紹とします。

三方向から洛陽を包囲しますが、強力な董卓軍の前に曹操、孫堅以外の軍勢はしり込みしてしまいます。

それでも勇猛に立ち向かう曹操、孫堅であったが、徐栄(じょえい)軍に惨敗します。

仲間内からの兵糧攻め

孫堅は汜水関(しすいかん)に攻め入ると董卓軍の将、胡軫(こしん)を討ち取る。

しかし華雄(かゆう)は打って出ようとはせず、守りを固めた。

そのころ連合軍本部では、袁紹と袁術が孫堅に功績を取られるのは不満だとして、孫堅軍に食料を送らないように企てた。

孫堅軍は打って出てこない華雄を相手に食料が送られてこない自軍からの攻撃に合い、士気が低下していった。

それに気が付いた華雄は夜襲を仕掛ける。

命からがら逃げきった孫堅であったが、不意を突かれた孫堅軍は壊滅状態だった。

関羽vs華雄

三国志の話やゲームなどで董卓軍においては、華雄は呂布(りょふ)に次ぐ猛将と描かれます。

いろいろな史実によると、孫堅軍の四天王、祖茂(そも)、袁術軍の猛将、愈渉(ゆしょう)などが次々と華雄の前に倒れていきます。

これを目の当たりにした袁紹は自分の配下である豪傑、顔良(がんりょう)、文醜(ぶんしゅう)を連れてくるべきだったと嘆いたといいます。

そこで公孫瓚(こうそんさん)の軍に属していた劉備(りゅうび)の義弟、関羽(かんう)は我こそはと華雄の討伐を申し入れたのである。

袁紹は「身分の低いものがでしゃばるな!」といったが、そこに曹操がそこまで言うなら華雄を討ち取ってもらおうと許可を出した。

曹操は景気づけに関羽に酒をすすめたが、関羽は「この酒が冷える前に華雄の首を取ってきてからいただく」とそのままにして戦場へ出たという。

戦場に出た関羽はなんとその華雄を一合で華雄を討ち取ってしまったのです。

そして関羽が帰ってきたとき、曹操が出した酒はまだ温かかったという。

恐るべし男、関羽雲長。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

超絶社畜サラリーマンをしながら副業を開始→2か月で月商200万に到達→退職!→同じような境遇の人にそのノウハウを無償で教えるためコミュニティを設立→敏腕パートナーを育成→FX・暗号通貨・投資をはじめ独自ロジックで資産構築→仲間と自由に生きる←イマココ