Block Eco 最新配当型ウォレットを早速解説!

BlockEcoとは!?

5月23日、新たに高配当ウォレットBlock Eco Tokenが先行プレオープンしました!
(公式オープンは6月15日)

配当型のウォレットというと中国や韓国で先行発表され、遅れて日本に入ってきますが、今回は嬉しいことにはじめて先行で日本が配当ウォレットを利用できるのです。


BlockEcoグループ

BlockEcoグループとは、BlockCharter社、Ignescent社、HantesFinance社、SolaireResort&Casino社の4社で構成されているグループです。

HantesFinance社は、スイス金融市場監督庁の金融ライセンスを持っていて他の配当系ウォレットには例のないことです。

BlockEcoはカジノ系ウォレットということもあり、フィリピンの最大級のカジノSolaireResort&Casino社が提携先となっているため、期待が高まります。

現在利用できるカジノ一覧

細かい要点は取り急ぎこちらの

・公式資料1

・公式資料2

をご覧ください。


アセットバンキングプール

集まった資金を可視化し、運用益のリアルタイム収益も可視化し、資金の流れを透明化しています。

資本の増大に合わせて、二週間に一回トークンの価格の見直しが行われる。
つまり、トークンの普及に伴い価格の上昇が期待できることとなります。


BlockEcoトークンについて

正式オープンは6月15日ですが、ベータ版テスト運用は開始している。
日本では5月23日に先行スタートしました。

ウォレットに500ドル以上のBTC、ETH、USDTを入れると運用ができます。

☆6/17更新
現在は100ドルからロックできるようです。ロックしなくても配当は入りますが、利率は下がります。

☆6/27更新
最近では100ドルロックで配当をもらえていた方は配当がでなくなったと報告があります。500ドルに引き上げましょう。

運用益は月8%~20%
BlockEcoトークンで配当されます。

元本、配当共に引き出す手数料は28日以内だと5%、28日以降だと1%かかります。


ロックアップ

ロックアップ宣言時のボーナス

・3か月:デポジットの25%
・12か月:100%還元

※宣言した時のレートで固定で計算されます。元本が500ドルを割ると自動的に配当がストップします。

ロックに関してはコチラの記事【仮想通貨用語】ロック機能とは?


充実した紹介者配当とキャンペーンに乗れ!

コミッションの体系ですが、僕自身MLM的な要素はあまり好きではないが、別にMLMではないので良しとしよう。

とはいえ、紹介者のウォレットに500ドル以上入金されると、トレーディング利益の100%が自分に送金される

二番目の紹介者からは、20%、その後の紹介者からは10%といった仕組みになっているようです。

新しく発行されるトークンでは当たり前のことなので、リスクを取って先行者が優位になりましょうってことですね。


考えられる注意点・まとめ

いつも言うことですが、メリットだけ紹介するのは好きではないのでしっかり注意点や考えられるデメリットも予測してこそ作戦を立てられると言うものです。

仮想通貨全てにおいて言えることですが、可能性がゼロではないことをお話しすると

  • 思ったほど盛り上がらず、相場が下がってしまうことがある。
  • 何かの拍子で会社がつぶれてしまい、資金ごと消えてしまう。
  • 出金時に問題があり資金が出せない。
  • 運営元が十分資金が集まったところで配当率を変えてしまう。

などなどいろいろと考えられます。

これは今回の案件に限らず、すべての仮想通貨、FX、株など投資にかかわることではあり得ることです。

それと今回のこのBlockEcoはポンジスキームとも言われてるということで、そのあたりの情報収集や理解を持っていないといけませんね。

投資は余裕資金で運用し、自己責任ですることをお願いします。

もちろん私や仲間も自己責任で運用しています。

とはいえ、それらを考慮したうえでやはり新しいトークン、新しい仕組みというもので初のプレオープンです。

リスクを取って乗り出すものしか成功もしないわけで…。

余裕資金で最低運用資金500ドルから試験的に運用するのもあり寄りのありかと思います。

※こちらの情報から参加したが、取引所が吹っ飛んで資産を失った!
などが万が一あったとしても一切の責任は負えません。

それでは開設と運用までの手順を説明していきます。


登録の手順

まず、手続きはスマホでアプリをダウンロードするところからです

スマートフォンでダウンロード画面へ

※AndroidはChromeにリンクを張り付けてダウンロードしてください。

今回はiphoneでの説明をしていきます。


アプリの許可設定

ダウンロードしてもアプリが起動しないので端末の設定をします。
設定を開き、「一般」をタップします。

「プロファイルとデバイス管理」をタップします。

「Guangzhou Pengyu~」をタップします。

☆6/17更新
(※アプリのバージョンによってはアプリを入れなおさないと立ち上がらなくなったりすることがありました。その時、このGuangzhou~という表示が変わっている可能性があります。6/17現在グランドオープン後は『ART-METALL,OOO』という表示になっていました。)

もう一度タップしてポップアップが出るので、「信頼」をタップして完了です。


登録申請

アプリを立ち上げ、情報を入力していきます。
「Language」をタップし、言語を日本語にしましょう。

メールアドレスとパスワードを入力して登録します。

お好きなユーザー名、メールアドレス、パスワードは2回入力します。
紹介コードは「4954goF5m」と入力し、登録をタップ。

マイページのウォレットが表示されたら完了です。


運用方法について

概要

基本的な流れは以下の手順です。

  • 日本の仮想通貨取引所でBTC,ETH,USDTのいずれかを購入する。
  • BlockEcoのウォレットに入金する。
  • 運用開始。

BlockEcoウォレットでは日本円を利用できないため、日本円が利用できる仮想通貨取引所でBTC,ETH,USDTのいずれかのコインを購入し、BlockEcoウォレットに入金する必要があります。

もともといずれかの通貨を保有している方はすぐに入金して運用ができます。

入金をタップします。

500ドルから運用できるとなっていますが、前述していたように元本が500ドルを下回ると自動的に配当がストップしてしまうので、余裕をもって入金しましょう。

☆6/17更新
現在100ドルからロックできるようになっています。内容やサービスは変わることもありそうです。

今回はBTCを入金します。
BTC入金アドレスが表示されるので、アドレスをコピーして、送金元となる取引所でペーストして送金します。


他の取引所でBTCを購入する

ここで、まずは全く仮想通貨を取引したことのない方や、BTC,ETH,USDTを持っていない方向けに、例として日本円の取り扱いのある他の取引所でBTCを購入する説明をします。

※(今回DMMビットコインで説明してますが、円を入金できる取引所ならどこでも大丈夫です。ちなみに今回DMMビットコインからブロックエコに送金して、どちらの取引所が問題化はわかりませんが、着金するまでに半日くらいかかりました。時間帯や取引所、通貨によって送金速度は様々です。)

今回はDMM BitcoinでBTCを購入する説明をしていきます。
慣れない方にはかなりややこしいので細かく説明していきます。

日本円を取り扱える取引所は他にもあります。
以下の取引所は持っていなければ口座は開けておいた方がいいです。

円をウォレットへ入金

今回はDMMビットコインを持っていたのでDMMビットコインで開設していきます。
まず、入金するとウォレット口座に資産が入ります。

JPY(日本円)が現在0円です。
ウォレット口座に入金したいので、左側メニューの「入金・入庫」をクリックします。

送金元のご自身の銀行を指定します。

私は三井住友から60000円入金するので金額を入力して
「入金手続きを開始する」をクリック。

銀行名と入金額を確認して「金融機関にログインする」をクリック。

金融機関の操作ページになるので指示に従って入金します。
完了するとDMMビットコインのウォレットに資産が反映されます。

ウォレット口座からトレード口座へ資金移動

今度はウォレットにある資金をトレード口座というトレードをするために入れる口座に移動します。左側メニューの「口座振替」をクリック。

・振替口座が「ウォレットからトレードへ」を選択します。
・通貨の選択は「JPY」を選択します。
・振替金額/数量に移動する金額を入力します。
「コードを発行する」をクリックするとスマートフォンのSMSに認証コードが届くので下に入力して「確認する」をクリックします。

確認画面で問題なければ「振替を行う」をクリックします。
以下の画面が出れば振替完了です。

ウォレット口座にあった資金がトレード口座に移動しています。

BTCを購入する

左側メニューから「取引開始」をクリックします。

次の画面になるので、左上メニューから「現物注文」をクリック。

右上の赤枠が「現物BTC/JPY」になっていることを確認。
相場を見る場合はプライスパネルをレバレッジから現物をクリックして変更。

赤枠の数量でどれだけのBTCを買えるか入力し、右側の概算約定金額を見てトレード口座にある資金以内でセットします。

トレード口座に60278円あったので
買いレートで1BTCが880931円なので、これに0.068をかけると59903円と口座にある資金に収まっていますね。

これでAsk/買 880,931ボタンをクリックで0.068BTCを購入できます。

取引画面を閉じて、口座状況サマリーを見ると、トレード口座のBTCに0.068BTCが入っています。

これでBTCの購入ができました。

トレード口座からウォレット口座へ資金移動

今度は最初と逆でトレード口座にあるBTCをウォレット口座へ移動します。
ウォレット口座に移動することで他の取引所に送金できるようになります。

左側メニューで口座振替をクリック。

・振替口座で「トレードからウォレットへ」を選択します。
・通貨の選択は「BTC」を選択します。
・振替金額/数量に移動する金額を入力します。
「コードを発行する」をクリックするとスマートフォンのSMSに認証コードが届くので下に入力して「確認する」をクリックします。

確認画面で問題なければ「振替を行う」をクリックします。
以下の画面が出れば振替完了です。

取引所からBlockEcoウォレットに入金

アプリ側で入金アドレスを準備する

これでウォレット口座にBTCが移動しました。
概要で説明したようにスマホアプリで「持株財布の残高」「入金する」をタップし、真ん中で通貨を選択するところで「BTCを入金」をタップ

BTC入金アドレスをタップしてとコピーします。

出金側の手順

DMMビットコインでは画面左側メニューの「出金・出庫」をクリック。

出庫するにはアドレスの登録をしなくてはいけません。

ここで言うアドレスとは仮想通貨を送金する暗号のようなもののことを言います。(アプリ側でコピーしたBTC入金アドレスのことです。)

※このアドレスは間違えると送金が完了しない上、取引所でも調査ができないため資金が消えてしまうこともあります。絶対に間違えないようにしましょう。

・適当なニックネームを決めます。
・「出庫先アドレス」にアプリでコピーしたBTC入金アドレスを張り付けます。
「コードを発行する」をクリックするとスマートフォンのSMSに認証コードが届くので下に入力して「登録する」をクリックします。

・出庫で出庫アドレスがBlockEcoのアプリでコピペしたアドレスが選択されているか確認。


・「出庫数」に送金するBTCの数量を記入します。
・「出庫の目的」は自己ウォレットの送付を選択します。
・□にチェックを入れます。
「コードを発行する」をクリックするとスマートフォンのSMSに認証コードが届くので下に入力して「登録する」をクリックします。

注意事項をしっかり読んで、内容をしっかり理解したら□にチェックを入れ、出庫するをクリック。

これでBTCがDMMビットコインから出庫されました。
確認をクリックして、出庫リクエスト履歴を見てみましょう。

履歴に残っているので出庫が完了しました。
あとはアプリ側で資金が入っているか確認をするのですが、すぐには手続きが完了しません。

1時間くらいで反映されなければ、1日くらいかかることもあるので時間をおいて確認するといいでしょう。

次の日にアプリで確認すると反映されていました。

入金まとめ

どこの取引所でも流れはだいたい同じです。

  1. 入金先の入金アドレスを確認
  2. 入金元にそのアドレスを登録
  3. 送金する通貨と金額を入力して送金
  4. 取引所によってはメールの確認などをしないと完了しません
  5. しばらく待ち、入金完了を確認

このような流れになっています。複雑ですが、慣れていってください。

ロックアップ手順

アプリの方で着金を確認したら自動的に運用開始となりますが、せっかくなのでロックアップすることによって高配当を受ける手順を説明します。

ロックに関してはコチラの記事【仮想通貨用語】ロック機能とは?

トップ画面「資金契約財布」をタップし、画面が切り替わり中央に「購入」とあるのでタップします。

私の場合資産が541ドルなのでそれ以内の500ドルをロックしようと思います。
期間が13週と52週から選べるので、好きな方を選びましょう。(アプリの不具合か52週しか選べなかったので52週にせざるを得なかったですw

パッケージを購入?と出るので「承諾」するをタップ

暗証番号をタップしてコピーします。「ピンで作動」をタップ。

暗証番号を張り付けて「アカウントを有効にする」をタップ。

「資金契約財布」に500USDが反映されています。これであとは配当で資産がじわじわ上がっていくのを見守るとしましょう。

以上ブロックエコの解説でした。

ここまでの構築さえしてしまえばあとは毎日配当をもらえてしまいます!一緒に配当ライフを送りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

超絶社畜サラリーマンをしながら副業を開始→2か月で月商200万に到達→退職!→同じような境遇の人にそのノウハウを無償で教えるためコミュニティを設立→敏腕パートナーを育成→FX・暗号通貨・投資をはじめ独自ロジックで資産構築→仲間と自由に生きる←イマココ